現在地: ホーム » サポート » ベアリングの取り付け

スリングリングの取り付け

徐WanDa回転ベアリング株式会社

1。 インストール準備

1.1旋回リングの開梱
旋回リングを慎重に開梱します。一体型シールを切断したり損傷させたりしないように注意する必要があります。

1.2旋回リングの取付構造要件
支持面は平坦な機械加工面(通常は機械粗さ6.3)を持ち、旋回リングの円滑な動作に影響を与える荷重下でのねじれ座屈を排除するのに十分な剛性を持たなければなりません。
支持板の厚さは下記に示される厚さ以上であるべきであり、これはおおよその概算としてのみ提示されている。
レースウェイ径(mm) 500 750 1000 1250 1500 2000 2500 3000

厚さ(mm)
25 30 35 40 50 60 70 80

支持面の幅は、それが支持するリングの幅と少なくとも等しくなければならない。

支持構造の許容平坦度偏差およびたわみ
ベアリングをスムーズに回転させるためには、溶接後に取付構造に応力がかからないようにする必要があります。傾斜および軸方向のたわみを含む最大許容平面度は、それぞれの表に詳述されています。
さまざまな設計タイプについて表1に記載されている許容偏差は指標値です。

加工面の傾きは、表の数値は支持幅100mmの場合です。別の重要な要素は、最大値が180°セクタ毎に一度だけ到達されることを確実にすることである。
より大きな偏差およびより小さなセクタにおけるピークの発生を回避するために、0°〜90°〜180°の範囲内のいかなる偏差も徐々に上昇または下降しなければならない。
平坦度が平坦でない場合のように、支持構造体のどのような撓みも、軌道に狭い箇所を生じさせる可能性がある局部的な座屈を引き起こすことを許されてはならない。これは容易に過負荷につながる可能性があります。このため、平面度が平坦でない場合と同じ条件が適用されます。
表2の最大許容撓みに対して、許容勾配は値の2倍であってもよい。表1中(参考幅100mm)
最大許容軸方向のたわみνV表2に示す値はすべてのベアリングタイプに適用され、ベアリングのトラック径の関数として示されています。

表1
傾斜を含む許容される平坦度からのずれPとr機械加工された支持面の
トラック径 支持面当りの傾斜を含む平坦度からのずれmmで
DL(mm) 単列ボール4点接触玉軸受 複列ボール8点接触玉軸受 ころ軸受旋回輪
1000まで 0.15 0.20 0.10
1500まで 0.19 0.25 0.12
2000年まで 0.22 0.30 0.15
2500まで 0.25 0.35 0.17
4000まで 0.30 0.40 0.20
4000〜6000 0.40 0.50 0.30
> 6000〜8000 0.50 0.60 0.40

表2
最大動作荷重における接触面の最大許容軸方向変位
  トラック径
  mm DL単位
  1000まで   1500まで   2000年まで   2500まで   3000まで   3500まで   4000まで   5000まで   5500まで   6000まで
  最大軸方向
のたわみ
mm V
0.6 0.8 1.0 1.3 1.6 2.0 2.5 3.0 3.6 4.2

その上、旋回リングの内側および外側リングは支持構造体表面上に完全に載っていなければならない。

1.3取り付け部品の選択
推奨等級、品質クラス10.9(メートル)またはSAE等級8のボルトを選択してください。フルネジボルトを使用しないでください。グレード12.9のボルトは非常にまれな状況で使用されます。
処理済みの硬化平ワッシャのみを使用してください。
弾性ワッシャの使用は絶対に禁止されています。ボルト、ナット、ワッシャーを再利用しないでください。


2旋回リングの取り付け

2.1旋回リングの硬度差
硬さのギャップは、レースウェイ誘導焼入れの過程で発生し、焼入れの終わりと始まりの間に位置しています。これらの領域は、最も負荷の少ない領域に配置する必要があります。回転リングを取り付けるときは、理想的にはゼロ荷重にしてください。
各旋回リングの硬度ギャップの位置は、次のように説明できます。
旋回リング インターナルギヤードタイプ 外歯車タイプ ギアレスタイプ
内輪 Sマーキング フィラープラグ Sマーキングまたはフィラープラグ
外輪 フィラープラグ Sマーキング Sマーキングまたはフィラープラグ

2.2旋回リングの固定
固定する前に、フィーラゲージを使用して、旋回リングの表面が取り付け構造によって完全に支持されているかどうかを確認します。そうでない場合には、取付構造の支持面を再加工しなければならない。
すべての留め具を軽く締めます。次に、適切に調整されたトルクレンチを使用して指定値に締め付けます。油圧装置が賢明です。以下のスケッチのシーケンスパターンに従ってください。
固定する前に、取り付けボルトを少しオイルでコーティングする必要があります。ボルトの丸全体を締め付けるときは、均等な締め付けトルクを確保してください。推奨のボルト締め付けトルクの値を以下の表に示します。
ボルトねじサイズ 内径(mm)
DIN / ISO 273
μ= 0.14 Nmでの締め付けトルク
 ボルトクラス8.8 ボルトクラス10.9
M12 14 79 117
M14 16 126 184
M16 17.5 193 279
M18 20 270 387
M20 22 387 558
M24 26 666 954
M27 30 990 1395
M30 33 1350 1890
UNC 5年生 グレード8
UNC 5/8 - 11 18 180 260
UNC 3/4 - -10 21 320 460
UNC 7/8 - 9 25 520 730
UNC 1 - rdquo; -8 27.5 770 1100
UNC 1 1/8 - -7 32 970 1560
UNC 1 1/4 - -7 35 1370 2190
UNF 5年生 グレード8
UNF 5/8→-18 18 210 290
UNF 3/4 - -16 21 360 510
UNF 7/8→-14 25 580 820
UNF 1 - -12 27.5 860 1210
UNF 1 1/8 - -12 32 1100 1760
UNF 1 1/4 - -12 35 1520 2440

締め付け作業中は回転リングを回転させる必要があります。これはタイトスポットの発生を示しているため、その原因を調査する必要があります。
機械が最終的に作動する前にボルトのトルクをチェックして、構造物の沈下による予荷重の損失をチェックする必要があります。

2.3ピニオン取付
ピニオンは、主負荷軸のほぼ90°に配置されるべきである。ドライビングピニオンをギアリングの最大偏心点に調整します。通常、緑色または赤色の塗料で2〜3歯をカバーします。旋回リングギヤとピニオンのバックラッシュは計算値の範囲内、または0.05 xモジュールで最小でなければなりません。複数のピニオンを使用する場合は、それぞれを同じ条件に調整する必要があります。テスト中は、ピニオンと旋回リングの軸が正しく揃っていることを確認してください。走行する前に、旋回リングギアとピニオンギアを潤滑してください。

 2.4ランニングテスト
すべての留め具を本締めした後:
リングを少なくとも3回転させます。ギアメッシュのバックラッシュ値を1回転以上かけて確認します。既知の荷重で総たわみを測定します。チェックポイントがマークされているはずです。これらの値は、マシンに固有のメンテナンスログブックに登録することをお勧めします。
荷重装着旋回リング下のたわみ測定
操作プロセス:
主荷重軸上のレースウェイにできるだけ近い2つのリングの間に測定装置を配置します。精度グレード0.1 mm以上。既知の荷重でゼロに調整します。測定荷重をかける。考慮した点のたわみ値を読みます。前に印を付けた点でこの測定を繰り返します。器具の位置に対応する支持構造のたわみとファスナーの伸びを考慮に入れてください。



徐WanDa回転ベアリング株式会社
あなたのためのもう一つの選択!
徐WanDa回転ベアリング株式会社
No.15、華夏路、第三工業団地、通山区、徐州、江蘇省、中国。
+ 86-516-83309366 + 86-516-83303986
info@slew-bearing.com
+ 86-133-37939399 + 86-180 2053 7858

ホーム